土岐市下石町(土岐プレミアム・アウトレット車5分)リーフ総合歯科

0572-57-6533

リーフ総合歯科WEB予約

治療したけど痛い

治療した歯が痛い、しみるなどの症状が出ることがあります。むし歯が残っているのでは?と心配になる方もいます。
当院でも相談の多いケースです。その理由と対処法について説明します。

治療後にしみる原因

むし歯治療は細菌によって溶かされ柔らかくなった象牙質(軟化象牙質)を取り切った後、金属やセラミックなどで修復します。
むし歯を取る際には、神経に振動や熱による刺激が必ず伝わります。また目には見えなくても細菌が神経の中に既に入り込んでしまっている場合もあります。 
これらが原因で神経が充血を起こす(歯髄充血)と一過性の冷水痛や温水痛を感じる事があります。むし歯を取った後や詰め物を装着した日などはこの症状が出やすく、場合によっては治療する前には痛みが無くても、治療後には痛みが出てしまう事もあります。 
まずは経過観察しましょう。
一時的に歯髄充血を起こしても、時間が経つ事で回復する事が期待できます。年齢やむし歯の深さなど多くの要因が関係しますが、自発痛が無ければ様子を見ましょう。
長ければで半年以上症状が続き、治る事もあります。

何もしなくて痛みが出てしまう場合

ズキズキした痛みがでたら我慢せず受診してください。
当院では可能な限り神経を残す処置をしておりますが、自発痛が出てしまった時は諦めて神経を取ります。

何もしなくても痛い場合