土岐市下石町(土岐プレミアム・アウトレット車5分)リーフ総合歯科

0572-57-6533

リーフ総合歯科WEB予約

歯の色が気になる

歯が黒い場合はむし歯ではないかと心配になりますね。多くの場合は削る必要が無いですが、考えられる原因は様々です。もちろんむし歯で削らなければならない場合もあります。
どんな時に歯が黒くなるのか、その時に削る必要があるかなどご紹介します。

歯の色が変わる原因

むし歯による変色

細菌によりむし歯が進むと、歯の最表層のエナメル質が黒くなります。色の濃さは様々ですがエナメル質の表面が黒いだけで穴が空いてなければ削る必要はありません。
むし歯が象牙質まで到達しているか、エナメル質で止まっているかに注目です。痛みやしみなどでは判断は困難できず、必ずしも進行性のむし歯とも言えません。

神経が死んでしまった事による変色

歯は神経が死んでしまうと色が黒く変色してきます。
神経が死んでしまうケースはむし歯以外にも外傷(けが)の場合もありますし、死んでしまうタイミングも様々です。必ずしも痛みを伴うわけでもありません。
奥歯では目立ちませんが、ぶつける事が多いのは上の前歯であり、ここが変色するとかなり目立ってしまいます。その際は審美的なセラミックの被せ物での治療をお勧めします。

金属による着色

保険治療で使用される銀歯は金属イオンの流出により、しばしば歯や歯ぐきを変色させます。むし歯ではないため、見た目が気にならなければ治療する必要はありません。しかし金属による着色なのか、むし歯による変色なのかは鏡で見ただけでは判断ができません。診断のためには歯科医師による診察が必要です。

歯石

歯石は歯ぐきの際につきます。種類によって乳白色や黒色の歯石もあります。
むし歯の原因にはなりませんが、歯石が付いていることによりその歯石表面に歯垢がついてしまうリスクが高くなり、それが原因で歯肉炎、歯周炎を引き起こします。
見た目の問題よりも、歯周炎の進行を止めるために歯石除去が必要です。歯ブラシでは取れないため、歯科医院を受診し歯科衛生士に歯石とりをしてもらいましょう。